みなさま、ずいぶんとご無沙汰しておりました。
ご無沙汰の間、せっせと現場をこなしておりました。

何かと忙しいと、いつも施工事例のご報告が後回しになってしまいます。

いや!これではいけない!2019年。

コツコツとご報告していきますね~☆

 

さてさて、本日ご紹介の施工事例は

横浜市旭区築38年のリフォームです。

洗面所・トイレユニット解体撤去
洗面所・トイレ新規造作
システムキッチン交換工事

と、水周りほとんどをリフォーム。

しかも「住みながらリフォーム」です。

早速見ていきましょう!

まずはキッチンから~

ホウ、ビニール袋をぶら下げて工夫して暮らしていらっしゃる。。。

イコールですね「収納が少ない」んですね。

まな板もシンクの淵に置いています。

作業スペースも圧倒的に少ない。

しかしです、キッチンが入るスペースは決まっています。

では、はみ出した部分はどこに行くんだ?

と聞かれたら、ズバリ!

「リフォームをきっかけに断捨離する!!」

はい、これです。

ほとんどのお宅がこれです。

せっかくきれいになったスペースを、またもとのようにしようとする人はほとんどいません!(断言)

 

ではでは、このキッチンどうなったか見てみましょうね☆

こんな風に解体して、給水管をまずはきれいにします。

はい!そしてご覧の通り、アッというまに木目調の落ち着いたキッチンに早変わり。

取っ手部分には、安定のフックが見えます!やっぱり袋をぶら下げてしまうのでしょうか!!

まあね、長年それで使い慣れている習慣ってなかなかやめることが出来ないもんです。

 

さあ、そして今回ちょっと特徴的なリフォームは、ユニット型のトイレを解体して

大工造作でトイレを作る、というリフォームを行いました。

まずは施工前

これはトイレの便器を取り外した状態です。

ユニットなんで、きっちきちに狭く作られています。

さて、このユニットを取っ払いー

わーーーすごーーーい!!

トイレルームが出来ている!!

もうね、大工さんってすごい!

はい、大工さんです。

 

さて、それで完成した大工さん作のトイレがこちら

普通のトイレに見えるでしょ?

そうです。普通のトイレです。

でもね、段差は無くなり、中も少し広くなり、それはそれは喜んで頂きましたよ。

それに伴い、洗面所もリフォームです。

ごめんなさいねー

洗濯がね、すぐにたまっちゃうんです。

はい、こちらが

こんな風に撤去しまして

内装を仕上げていきます。

そして完成~

はい、スッキリきれいになりました。

 

グランリファイン、築40年前後の現場が続いています。

やはり、それくらいの年代が限界、というか、こちらのお宅のユニットトイレのように

ちょうど古い素材から新しい素材へシフトしていった時代です。

なので多分ご依頼が多いんだと思います。

今回給水管などもきれいになりましたので、またしばらく快適に暮らせることと思います。

 

ユニットトイレ 洗面所 リフォームはグランリファインへ!

お見積・ご相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-6304-9575
受付時間: 平日 AM 10:00 〜 PM 5:00

contact

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!

form02