みなさんこんにちは!

冷たい雨!深夜には雪も降りました。

それにしても新型肺炎、恐ろしい勢いで広まっています。

何といっても「目」からも感染するという恐ろしさ。

マスクだけでは防げない。

この雨も実は本当にグッドタイミング。

乾燥した空気はウイルスをどんどん拡散しますからね。

寒いですがこれも有難い雨といたしましょう!

 

さて、本日ご紹介の施工事例は

グランリファインは色んな事が出来るんだなー、

と自画自賛じゃないですけど、

久しぶりの外物件です。

 

ズバリ

「固い石の車止めに車ぶつけちゃったよ~!

ぶつけても大丈夫なラバー製にしてよ~!!」というご依頼。

というわけで現場見てみましょう!

「お前かーー…」

と、語りかけているかのような雰囲気です。

ちょっとかすった黒い塗料の跡も…

こちらをラバー製に変更しますよ!

もう一つ、あまりにも間口が狭いということで

少し外側に移動します。

では、まずは石の車止めを、、、抜きます!(親知らずのように)

周りのブロックをはがしていきます。

後で埋めなおすので破壊しないように。。。

ブロックは砂にきっちり埋まっているだけので、ドリルで意外と簡単に掘り起こせます。

問題は石の車止め。根本はセメントで埋めてあるので

どこまで下に埋まっているかわかりません。

おっと、なあんとなく根本が見えてきました。

根本を埋めていたセメントも外します。(重たいので)

まるで掘り起こされたモアイ像のように無力な感じがしますね。

はい、親知らずが抜けた後です!

これから新しいラバー製の車止めを埋める作業に入ります!

肝心な物が斜めになっちゃいけないので

まずは土台をしっかり水平に埋めます。

こうなるよー

こんな風に立つよー

と、念入りにチェックです。

完成イメージを頭に入れることは作業の上で一番重要な事です!

新しいラバー君をセメントでしっかり固めます!

この時点ですでに前埋まっていた部分のブロックなどは戻してあります。
(わからないでしょ??)

新一年生のようにキリリと立つラバー君。

掘り起こしたブロックもわからないくらいきっちり埋まっています。

そしてまたセメントでしっかり仕上げします。

横でコーンが優しく見守ります。

セメントが乾いたら完成!

どうです??なかなかいい仕事してるでしょ??(自画自賛)

はーいこのように、すっくり立っていますラバー君

これで車がぶつかっても安心☆

賃貸マンションや分譲マンションの内装リフォームだけではなく

このような外回りもどんどんご相談くださいね。

 

駐車場のお困りごとはグランリファインへ!

お見積・ご相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-6304-9575
受付時間: 平日 AM 10:00 〜 PM 5:00

contact

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!

form02