みなさんこんにちは!

台風15号の千葉の被害

台風17号の九州・中国地方の被害と

立て続けに自然災害が発生しています。

また、千葉では停電、佐賀では5万リットルの油の流出と

自然災害だけではない被害も報告されています。

被災された方には、一日も早く日常が戻りますようお祈り申し上げます。

 

さて、本日ご紹介の施工事例は

世田谷区の水周りリフォームです。

まずはトイレから見てみましょう!

35年と言えどもきれいにお住まいの様子。

しかしね、今のトイレって違うんですよ!

見てくださいこの賢い顔!エリート感!

無駄なものはないよ。水も無駄にしないよ。

お父さんお母さんたちの考えは古いんだよ。

と言わんばかりのスッキリ感!

お掃除も楽々ですよ~

 

で、つぎはキッチン行きましょう!

こちらもきれいにお使いですね。

どーんと取っ払います

これが次世代のキッチンに↓

あ、違う。

全然誓う。なんていうんだろう、明るさ、スッキリ感、スタイリッシュ。

なぜか広さも感じられます。

壁面がタイルから鏡面仕上げになったので、こちらもお掃除楽々♪

 

そして次はお風呂!

はい、湯が冷めやすく深くて入りずらい築30年台特有のタイプですね。

冬なんて入っているだけで湯舟が冷たくなっていく…

それがこうなりました!↓

この落ち着いた木目調の壁、ゆったりお風呂タイムが楽しめそうです。

浴槽も最新型なので、湯冷めしませんよ~☆

と、サクサクっとご紹介していますが、実はここまでリフォームするのには

もっと大変な下準備があるんです。

その名も「給水管の旅」

そりゃなんだよ?って、まず築35年っていう事は給水管がこれなんです↓

でた、水漏れ寸前。

給水ですよ!給水!

いくらきれいにお住まいでも、見えないところがこれなんです!

被害が起きてからでは遅い!しかも体に悪そう!!

リフォームの本題はここ、「中身」

で、給水管の旅が始まります。

まずですね、給湯器ってだいたいベランダにあるんです。

それでお風呂って意外と玄関側。

家の端から端までっていう事になります。

これ、給湯器。

ここがスタートですね。

で、これ変な写真ですが、隣の和室の床下を通していきます。

青とオレンジの管が新しい給水管です。

こちら廊下ですね。洗面所やお風呂に給水するために床を開けます。

これはトイレ。

トイレも比較的玄関側にありますね。

この給水管の下準備が大変なんです。

まだそんなに漏れていなくても、多少の水漏れを発見したりします。

写真だけ見るとアッというまにきれいになった気がしますが、

今回、排水管、給水管両方の交換を行ったので

家主さんには2泊近所のホテルに泊まってもらいました。

 

そして、今回のリフォームでもう一つの水場「洗面所リフォーム」。

あれ、これなんか、、、ハンガーが沢山。

洗ったものをすぐに干せる、というシステムかしら?

おお!この配水ホースの延長!!

いやちょっと、このスペース無駄じゃないか???

どうして洗濯機入らないの???

洗濯パンないの???

送なんです。こちらの洗面所、幅が広い洗面所なので洗濯機が入るスペースがないという

思わぬ欠陥があったのです!!!

まあ、洗面所で髪の毛が洗える広い洗面所も流行ったんですよ。

で、今回これを解消したいというのは一番のご希望でした。

こんな感じで床板は全部取っ払って、排水管も引き直します。

で、完成したのがこちら↓

入りました!(当たり前だけど)

無駄スペースゼロ!

洗濯パンも付けました!

パズルが入ったような爽快感。

 

水周りのリフォームはグランリファインへ!

お見積・ご相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-6304-9575
受付時間: 平日 AM 10:00 〜 PM 5:00

contact

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!

form02